空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

ノートルダム大聖堂の再建に希望を

ノートルダム大聖堂火災

フランスの象徴に深い爪痕

皆さんもご存知の通り、15日夜(日本時間16日未明)にノートルダム大聖堂で大規

模な火災が発生しました。

 

実は、このことを記事に上げようか、止めようかすごく悩みました。

あまりにショックすぎて、尖塔が崩れ落ちる映像を見て涙が出そうになりました。

このまま、このことに触れるのはやめようと思っていました。

f:id:ITMBASE:20190417201816j:plain

日本経済新聞2019年4月17日朝刊より)

 

2010年11月に初めてパリでノートルダム大聖堂を訪問。

すごく感動したのを今でもはっきり覚えています。

消防隊員たちの活躍で

鎮火してわかってきたことも出てきました。

 

消防隊員たちの必死の活動で、「いばらの冠」や有名な円形のステンドグラス「バラ

窓」などの美術品の9割ぐらいが無事だったことがわかってきました。

 

事件性はなく、おそらく事故であることも見えてきました。

再建に寄付申し出1,000億円超

仏大統領は再建を表明

マクロン仏大統領は、大火災に見舞われたノートルダム大聖堂を5年以内に「さらに美

しく再建する」と表明しました。

ただ、専門家によると再建は10年以上かかるとの声も上がっているようです。

f:id:ITMBASE:20190417203025j:plain

日本経済新聞2019年4月17日夕刊)

企業の寄付は1,000億円

今回、記事を書こうと思ったキッカケはこれです。

 

寄付の先鞭をつけたのが、グッチやイヴ・サンローランなどの高級ブランドを傘下に置

くグループ「ケリング」が15日夜に1億ユーロ(130億円)の寄付を表明しまし

た。

 

ケリングのライバル企業であるLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンとその創業者でフ

ランス一の富豪であるベルナール・アルノー氏の家族が2億ユーロ(250億円)の寄

付を16日に表明しました。

 

さらに仏化粧品大手ロレアルを創業したベタンクール家が2億ユーロ、仏石油王手トタ

ルが1億ユーロの寄付を表明しました。

 

既に日本円で1,000億円以上の寄付の申し出が企業からあったようです。

 

もちろん、現状では再建にいくらかかるか、どれくらいの期間がかかるかは分かりませ

ん。でも再建に希望が持てることも事実です。

 

さすがフランス。

メセナのお国柄。

いろいろと考えさせられた事故でした。