空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

ディープな大阪 天王寺周辺を散策~1

阪和商店街

レトロな昭和の商店街

実は私、今でこそ人事労務管理の仕事をしていますが、約7年前までは営業の仕事をしていました。そして担当していたのが、天王寺阿倍野を中心とした大阪市の南エリアの法人営業。

 

そんな訳で、天王寺界隈は土地勘があります。ただ、最近は足を踏み入れることも無くなり、7年ぶりの天王寺です。まずお伝えしたいのが阪和商店街です。

f:id:ITMBASE:20190714151630j:plain

天王寺駅近鉄阿部野橋駅と同じ駅で、JR環状線阪和線大和路線、地下鉄御堂筋線谷町線近鉄南大阪線阪堺電軌上町線が乗り入れる交通の要所です。そして日本一高いあべのハルカスのお膝元になります。

f:id:ITMBASE:20190715191640p:plain

天王寺駅を北に向かって道路1本渡ったところに阪和商店街があります。初めて天王寺にきた10年位前にここに来て、ぎょっとした覚えがあります。このレトロ感。未だに健在でした。

この細いアーケードが商店街の入り口です。

f:id:ITMBASE:20190715175804j:plain

アーケードの中は商店街というより飲み屋街です。

f:id:ITMBASE:20190715175937j:plain

お店は何ヵ店か入れ替わって、いるようでした。

路地の飲み屋街で、閉鎖されている店舗もありました。

ここが天王寺の駅前です。

f:id:ITMBASE:20190714153038j:plain

夜になると雰囲気は変わるのでしょう。10年前には、会社の仲間とたまに飲みに着たりもしていたのですが。今でも夜になると賑わっているのでしょうか。

f:id:ITMBASE:20190714153211j:plain

四天王寺

四天王寺の参道

天王寺商店街は四天王寺の参道になっています。

昔ながらの商店街ですが、お店は入れ替わっているようで、シャッター商店街ではありません。人の通りも多いです。

f:id:ITMBASE:20190715180256j:plain

f:id:ITMBASE:20190715180326j:plain

毎月21日(お大師さん)、22日(お大子さん)は縁日となっています。商店街沿いにも露店が出店して、賑わっています。

商店街を抜けると四天王寺参道の看板がかかっています。

f:id:ITMBASE:20190714154146j:plain

そして歩くこと15分で四天王寺に到着します。

f:id:ITMBASE:20190714154739j:plain

七夕祭りの最中

ちょうど伺ったのは七夕祭りの最中でした。短冊が飾られて多くの参拝客でにぎわっていました。

f:id:ITMBASE:20190714154933j:plain

露店も数多く出店していました。

f:id:ITMBASE:20190714155054j:plain

f:id:ITMBASE:20190714155124j:plain

子供たちの書いた短冊も笹にくくりつけられて飾られていました。

f:id:ITMBASE:20190714155222j:plain

f:id:ITMBASE:20190714155247j:plain

f:id:ITMBASE:20190715085922j:plain

四天王寺の歴史

四天王寺推古天皇元年(593年)に建立されました。

崇仏派の蘇我馬子と廃仏派の物部守屋が仏教の受容をめぐって戦となり、聖徳太子は崇仏派の蘇我馬子側に付き、この戦に勝った時には四天王寺を建立して生涯をかけて衆生

救済を行うと誓ったとされています。

 

四天王寺聖徳太子が建立し、聖徳太子も信仰の対象となっているのです。

f:id:ITMBASE:20190714160230j:plain

 しかしながら、昭和9年(1934)、近畿一円を襲った室戸台風により五重塔が倒壊し、境内全域も相当な被害を被りました。昭和15年(1940)に相当な努力によって五重塔を再建しましたが、昭和20年(1945)の大阪大空襲によって四天王寺の大部分が焼失することとなってしまいました。

 

現在の四天王寺五重塔は昭和34年(1959年)に再建されたもので、何と8代目の五重塔だそうです。

 

四天王寺の向こうにはあべのハルカスも見えます。

f:id:ITMBASE:20190715085802j:plain

次回は天王寺駅に戻り、てんしば周辺を散策します。

男のラーメン 麺屋わっしょい 美味いラーメンを食す

ラーメン激戦区寺田町のラーメン店

行列必須のお店です

大阪の南側はなかなか行く機会がなく、今回念願の初往訪です。

大阪環状線田町駅の北口改札を降りると道路を挟んで直ぐお店があります。

男のラーメン麺屋わっしょい。

f:id:ITMBASE:20190713174633j:plain

田町駅界隈はラーメンの激戦区です。食べログで寺田町×ラーメンで検索すると高評価の店が並んで、計22件の店舗が検索されました。

 

麺屋わっしょいさんに着いたのは土曜日の昼12時半。

さすがに待ち客が7人ほどいました。

 

ここは、店前が広くありませんので、行列を作る方式ではなく、名前を書いて呼ばれるのを待ちます。私が名前を書いてからすぐに4人組の高校生、2人組、3人組と続きました。

f:id:ITMBASE:20190713175233j:plain

わっしょいグループ

看板にわっしょいグループとあります。

調べてみると「麺屋わっしょい」(JR寺田町)、「今里わっしょい」(地下鉄今里)「麺屋団長」(地下鉄南巽)、「関目団長」(地下鉄関目高殿)、「豚骨黒カレーMECHA」(JR桃谷)と5店舗がグループのようです。

「豚骨黒カレーMECHA」はグループ初のカレー専門店だそう。

f:id:ITMBASE:20190713175731j:plain

f:id:ITMBASE:20190713180529j:plain

男の根性黒醤油

当店一番人気

どうでしょう、15分くらい待ったでしょうか。

名前を呼ばれます。

麺屋わっしょい初入店です。

f:id:ITMBASE:20190713181319j:plain

一番人気が男の根性黒醤油だそうで、男の根性黒醤油と、薄皮餃子、生ビール中ジョッキを注文しました。

f:id:ITMBASE:20190713181252j:plain

麺、肉、野菜とも大盛、男盛、祭盛が選択できます。

全祭盛は全男盛を食べたことがある人しか注文できないようです。

ビールも中ジョッキの他に男ジョッキ1リットル、祭ジョッキ1.8リットルもあるようです。

 

私は今回は初めてですので、すべて普通盛を注文しました。

隣にすわった男性は野菜以外全部大盛りと頼んでいました。

 

注文は最近よく見る食券方式ではなく、女性スタッフが注文を取りに来ます。

「ニンニクは入れても大丈夫ですか」と聞かれますが、もちろんOKです。

特製ニンニクで3時間ほどで臭いがほとんど消えると謳われていました。

ついに来ました男の根性黒醤油

ビールを飲みながらラーメンと餃子を待っていました。

朝から町歩きをしていたので、喉がカラカラ、汗だくだく。

キンキンに冷えたビールは最高です。

f:id:ITMBASE:20190713182638j:plain

そしてついにラーメンがきました。

男の根性黒醤油。

f:id:ITMBASE:20190713182930j:plain

一口スープを飲んでみると、ガツンとくるニンニクの味と黒醤油の味が抜群です。

おいしい ではなく、ウマイ!!

肉も野菜も麺も大盛りでも全然イケたと思います。

麺は中太麺。

f:id:ITMBASE:20190713183234j:plain

そして餃子。

f:id:ITMBASE:20190713183532j:plain

こちらのお店は再訪決定です。

富田林寺内町 江戸時代の旧家を尋ねて

旧田中家住宅

明治時代の資産家の旧家

旧田中家住宅の主であった田中さんは幕末、明治には財産家に数えられる名家であったと明治44年の「大阪府河内和泉財産家一覧」に記載されているようです。

こちらは寺内町の北西に位置します。

母屋を含む主要な部分は明治25年に建てられており、向かって右手型を土間として左側を4間取りの居室を配した明治期の農家型住宅の典型だそうです。

f:id:ITMBASE:20190713120005j:plain

f:id:ITMBASE:20190713120032j:plain

平成16年に市に寄贈され、平成24年から一般公開されています。

開館時間は午前10時から午後5時まで。

月曜日は休館日です。

無料で公開されています。

 

内部はこんな感じです。

4間取りの居室となっているのが良くわかります。

f:id:ITMBASE:20190713120336j:plain

庭と、庭から見た母屋です。

f:id:ITMBASE:20190713120420j:plain

f:id:ITMBASE:20190713120503j:plain

五六七稲荷大明神

旧田中家住宅に隣接したところに五六七稲荷大明神がありました。

「いむな」と読むそうです。

 

名前のいわれもいつ建てられたかもわかりませんが、今でも地元の方からは大事に祀られているようです。

f:id:ITMBASE:20190713120827j:plain

f:id:ITMBASE:20190713121322j:plain

近くにはお地蔵さんも建っています。

f:id:ITMBASE:20190713122857j:plain

旧杉山家住宅

富田林寺内町観光のメインスポット

富田林寺内町の観光のメインは日本の道百選に選ばれた城之門筋とここ旧杉山家住宅。

開館時間は午前10時から午後5時まで。月曜日と年末年始が休館日になります。

入場料は400円です。

 

写真の左側の建物が旧杉山家住宅の正面になります。

f:id:ITMBASE:20190713165631j:plain

杉山家は寺内町創立以来の旧家で、「杉山長左衛門」を名乗って江戸時代を通じて町の経営に携わってきたそうです。貞享2年(1685)に酒造株を取得した後に造り酒屋として成功して発展を遂げました。

 

現存する母屋の建築年代は、土間部分が17世紀ごろで、その後座敷や2階を増築し、延享4年(1747)頃ほぼ現状の姿に整ったと考えられています。 

f:id:ITMBASE:20190713165703j:plain

f:id:ITMBASE:20190713165738j:plain

最盛期にはこの屋敷で働いていた使用人だけでも70人いたという記録も残っているそうです。

f:id:ITMBASE:20190713135821j:plain

コウシノマと呼ばれている部屋。

f:id:ITMBASE:20190713135855j:plain

こちらは仏間。

f:id:ITMBASE:20190713135351j:plain

店奥です。

襖絵が素敵です。

f:id:ITMBASE:20190713140136j:plain

大床ノ間(オオトコノマ)です。

壁画は文化・文政の頃狩野散人杏山により描かれました。(パンフレットの説明)

f:id:ITMBASE:20190713135422j:plain

 部屋から庭を望みます。

f:id:ITMBASE:20190713163728j:plain

土間の釜屋。

ここで煮炊きをしていました。

f:id:ITMBASE:20190713163922j:plain

2階に上がる螺旋階段です。

f:id:ITMBASE:20190713164123j:plain

2階には当時使われた器具などの展示品が並んでいます。

f:id:ITMBASE:20190713164244j:plain

歌人石上露子の生家

明治時代末期に与謝野晶子と並び活躍した明星派の歌人石上露子(いそのかみつゆこ)の生まれ育った生家でした。

展示品には石上露子のゆかりの品も数多く展示されていました。

f:id:ITMBASE:20190713164712j:plain

f:id:ITMBASE:20190713170755j:plain

庭に出てみると和式の庭園があります。

f:id:ITMBASE:20190713164540j:plain

f:id:ITMBASE:20190713164616j:plain

富田林寺内町の古い町屋は、農家型の平面構成です。

旧杉山家住宅はこうした民家の中でも最も古い遺構で、規模も大きく質の良い商家の住宅であったことから、昭和58年に国の重要文化財に指定されました。

富田林寺内町 江戸時代の街並みを歩く

国の重要伝統的建造物群保存地区

富田林寺内町への行き方は

不肖にも大阪に住んで15年以上、こんな町があることを全く知りませんでした。

大阪で唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている街並みです。

 

それが、大阪南部の富田林にある寺内町です。

どんなところか興味が涌いて、先日はじめて往訪してきました。

近鉄南大阪線で、阿倍野橋駅から富田林駅まで河内長野行で30分です。

f:id:ITMBASE:20190713095045j:plain

富田林駅は駅前にバスのロータリーが広がりますが、特に目立った建物も無い、郊外のどこにでもある駅という感じです。

富田林市の人口は11万人で、近鉄と南海が開発した大阪南部のベッドタウンとなっているようです。

f:id:ITMBASE:20190713095824j:plain

富田林駅から南に10分程度歩くと富田林寺内町があります。

f:id:ITMBASE:20190713100605j:plain

町を散策してみます

寺内町に着いたのは朝9時ごろです。

観光案内所であるとんだばやし観光交流施設きらめきファクトリーや富田林市立じないまち交流館で案内地図をもらって歩くと良いらしいのですが、開館は10時から。

仕方がないので開館までぶらぶら町を散策してみます。

 

歩き始めるとPLの塔、大平和祈念塔が見えます。

そういえば、富田林にはPL教団の本部がありました。

f:id:ITMBASE:20190713101857j:plain

歩いていくと急に白壁と木塀の街並みが目に飛び込んできます。

医院や宿も雰囲気があります。

f:id:ITMBASE:20190713102521j:plain

f:id:ITMBASE:20190713102727j:plain

日本の道百選

観光案内所で地図を貰って

10時になり、改めて観光案内所とんだばやし観光交流施設きらめきファクトリーにお邪魔します。ここで地図をもらって、観光を続けます。

 

この富田林寺内町の中心を南北に走る城之門筋は昭和61年に日本の道百選にも選ばれています。

f:id:ITMBASE:20190713103803j:plain

f:id:ITMBASE:20190713103821j:plain

富田林寺内町の起源は戦国時代の永禄の時代(1558年~62年)だそうです。

この時に建てられた興正寺別院の周囲に建物が建てられて400×350mの平地に南北6筋、東西7町の道路が整備され、寺を中心とした自治都市として発展して行きました。

 

さらに江戸時代に入ると大阪と紀伊の国(和歌山)を結ぶ交通の要所となり、酒造り、米、木材の交易の中心となって多くの商人や職人を抱える町として発展していったそうです。

江戸時代からの町屋

寺内町は古い街並みの他、江戸時代からの町屋も数多く残されています。

今でも住人が住んでいるところが多く、内部まで公開されているところは旧田中家住宅と旧杉山家住宅の2カ所だけですが、こうした家を見て回るのも楽しいです。

 

ここは奥谷家。

f:id:ITMBASE:20190713110320j:plain

f:id:ITMBASE:20190713110341j:plain

ここは木口家。

f:id:ITMBASE:20190713110423j:plain

f:id:ITMBASE:20190713110447j:plain

旧田中家住宅です。

ここは内部まで公開されています。

f:id:ITMBASE:20190713110745j:plain

f:id:ITMBASE:20190713110808j:plain

ここは旧杉山家住宅です。

ここも内部まで公開されています。

f:id:ITMBASE:20190713110931j:plain

こちらは杉田家住宅。

f:id:ITMBASE:20190713111240j:plain

f:id:ITMBASE:20190713111303j:plain

仲村家住宅になります。

f:id:ITMBASE:20190713171031j:plain

f:id:ITMBASE:20190713171058j:plain

この建物は大正13年ごろ建てられた建物で、寺内町のはずれに建っています。

元は国分銀行として建てられたもので、その後昭和17年に三和銀行の所有となって、昭和50年8月まで銀行として使われていました。その年の10月に中内眼科医院の所有に変わり、診察所兼自宅として利用されています。

f:id:ITMBASE:20190713171248j:plain

この町を歩いていると、本当にタイムスリップした感じになります。

 

しかも観光客はほとんどいません。ゆっくり街歩きが出来ます。

 

富田林寺内町は住宅地で普通に住民が暮らしていますので、観光客で溢れかえるよりはこれくらいの静かさの方がいのでしょうが、こんなひっそりした街が残されていることにびっくりしました。

 

次回は公開されている旧田中家住宅と旧杉山家住宅を中心にもう少し、富田林寺内町を見てみたいと思います。お付き合いください。

大阪福島の美味しいおでん屋さん 花くじら

味良し値段良しのお店

行列必至のお店です

今回紹介するお店は、大阪福島にあるおでん屋さん。

名前は「花くじら」

 

福島天満宮の横に、本店と歩店の2店舗を構えます。

 

JR東西線新福島駅から徒歩3分。

JR環状線福島駅からも徒歩8分程度。

朝日放送テレビの近くでもあります。

f:id:ITMBASE:20190708205653p:plain

開店時間は16時30分から23時30分まで。

休日は開店前の夕方16時くらいから行列が出来ます。

 

今回お伺いしたのは土曜日の18時過ぎ、歩店です。

 

梅雨の中休みの蒸し暑い日におでんと思われるかもしれません。

でもこの時期でも大人気です。

7名の方が店の前で行列を作っていました。

 

私たち夫婦がその後ろに並びましたが、すぐにその後ろに6名が並びます。

人気の程が伺えます。

 

(花くじら本店)

f:id:ITMBASE:20190708210837j:plain

(花くじら歩店)

f:id:ITMBASE:20190708210858j:plain

どうでしょうか。20分程度待ったでしょうか。

結構回転が速いので、並んでいてもそんなに待つことは無いと思います。

先ずは生ビール300円!

「お飲み物は何にしましょうか」と聞かれ、私は生ビール、妻はウーロン茶を注文。

ビールは何と300円!!です。

f:id:ITMBASE:20190708211352j:plain

しかもキンキンに冷やされたグラスにビールが注がれてきます。

暑い中待った後の冷たいビールの美味しいこと。

f:id:ITMBASE:20190708211616j:plain

多分、メニューの上から、大根からすじ(2本)までは1品100円。

生麩からえび餃子までは1品200円。

下の段に移ってねぎまからしいたけが1品300円です。

f:id:ITMBASE:20190708212041j:plain

まずは大根と玉子。

大根には出汁が染み渡ってすごくいい塩梅です。

f:id:ITMBASE:20190708212530j:plain

辛めの辛子と、振りかけられた七味唐辛子が非常に良いアクセント。

直ぐにビールを飲み干します。当然、もう1杯お代わりです。

大阪名物すじ

次の注文は牛すじ、ひろうす、焼売です。

f:id:ITMBASE:20190708212640j:plain

大阪のおでんのすじは牛すじ肉の串です。私が東京に居た頃の東京のすじは魚の練り物でしたが今はどうなのでしょうか。すじ自身からも出汁が出ておでんを美味しくしてくれます。

 

ひろうすは、これもおでんの出汁を目一杯吸ってとても美味しくなっています。ひろうすは東京で言うところのがんもどきです。銀杏が一粒入っています。

 

ちょっと脱線しますが、ひろうすの語源はポルトガル語のフィリョース(小麦と玉子を混ぜ合わせて油で揚げるお菓子)からぃているそうです。

へーっ・・・。

おでんには日本酒が良く合います

ちろりとお猪口が良い味を出して

ビールから日本酒に替えます。

日本酒は松竹梅の普通酒。熱燗か常温で。気の利いた地酒は置いていませんが、これで充分です。寒い冬は熱めの熱燗に。夏はぬる燗か常温で。

 

日本酒を入れる錫製のちろり(酒を温める酒器)とお猪口が良い味を出しています。

f:id:ITMBASE:20190708214014j:plain

おでんの鍋には様々な具材が煮込まれています。

カウンターのお客さんと店員さんの距離感が近いことも良い雰囲気を醸し出します。

f:id:ITMBASE:20190708214131j:plain

f:id:ITMBASE:20190708214226j:plain

次にお願いした料理はつくねとねぎ袋。

時間がかかるようなのであいだに大根を挟みます。

ねぎ袋は巾着の中に溢れんばかりの青ネギが。

f:id:ITMBASE:20190708214710j:plain

締めに季節の鱧をいただきます。

鱧も何と200円でした。

f:id:ITMBASE:20190708214939j:plain

妻はというと

先ずは大根と玉子とUFO。

f:id:ITMBASE:20190708215545j:plain

次にすじと餅きんちゃく。

f:id:ITMBASE:20190708215617j:plain

はんぺんとチーズロールキャベツ。

はんぺんは大阪では珍しいようです。

東京でははんぺんはおでんのネタで4番めに人気があると何かで読んだ気がします。

f:id:ITMBASE:20190708215645j:plain

チーズロールキャベツのチーズはトロトロで、とってもおいしかったようです。

f:id:ITMBASE:20190708215720j:plain

そして大根とえのきだけ。

f:id:ITMBASE:20190708215749j:plain

最後は生麩です。

味噌だれがアクセントになっているようです。

f:id:ITMBASE:20190708215829j:plain

ビール2杯と日本酒2合、ウーロン茶1杯と、これだけおでんを食べました。

お会計は2人合わせて4,700円でした。

コスパ最高!!

味良し、値段良しの美味しいお店「花くじら」でした。

 

大正昭和のモダニズム 大大阪時代の香りを探して中之島船場散策~番外編

緒方洪庵旧宅(適塾

大阪大学の源流

今日は、大正昭和を遡り、幕末から明治にかけてのお話です。

 

1838年(天保9)から1862年(文政2)まで、蘭学者であった緒方洪庵はここ船場の地に塾を開き、適塾として若い人たちの教育に多大な精力を注ぎました。

 

洪庵が不在の時でも義弟や子息、門下生らが塾を守り、さらに分塾して発展していきました。そんな塾生には福沢諭吉大鳥圭介橋本左内大村益次郎、長与専斎、佐野常民、高松凌雲などがいました。

 

幕末には日本中に蘭学塾が開かれていましたが、適塾もその一つでした。

f:id:ITMBASE:20190709191211j:plain

 

下の写真は緒方洪庵旧宅(適塾)の正面です。

f:id:ITMBASE:20190708192026j:plain

明治時代になると教育制度の改正とともに、適塾は発展的解消となり、大阪医学校、府立医科大学、さらには大阪大学へと発展し、現在に至っています。

緒方洪庵の功績

緒方洪庵は幕末の蘭方医として、また蘭学の第一人者と仰がれました。

f:id:ITMBASE:20190708192640j:plain

緒方洪庵が書いた蘭学の書物(複製)です。

f:id:ITMBASE:20190709191457j:plain

そして洪庵の有名な功績のひとつとして除痘館の設立があります。

 

当時多数の死者を出す天然痘を未然に防ぐため1796年にイギリスのジェンナーによって開発された種痘を行う為の痘苗が我が国にもたらされました。緒方洪庵は1849年(嘉永2)大阪道修町に種痘所(後に除痘館と改称)を設立し、天然痘の蔓延を防ぐことに注力しました。

 

除痘館は後に南に移転し、現在のおがたクリニックの地が除痘館跡となっています。

f:id:ITMBASE:20190708201550j:plain

f:id:ITMBASE:20190708201613j:plain

蘭学塾の遺構

適塾は、昭和15年に大阪府の史跡に、翌16年には国の史跡に指定されました。

そして昭和39年には国の重要文化財に指定されています。

 

昭和17年に緒方家から国(当時の大阪帝国大学)に建物が寄贈され今日に至っています。

 

適塾は現存する我が国唯一の蘭学塾の遺構です。江戸末期の大阪の船場町屋の遺構としても貴重なものとなっています。

 

適塾の中に入ってみると綺麗に保存されています。

入場料260円で入れます。

f:id:ITMBASE:20190709190908j:plain

f:id:ITMBASE:20190709190940j:plain

大阪市立愛珠幼稚園

日本で2番目に古い歴史を持つ幼稚園

1880年6月に開園しました。

現存する幼稚園としては大阪府内では最も古い歴史を持ち、日本でも2番目に古い歴史をもつ幼稚園だそうです。現存する木造の幼稚園園舎としては日本最古とのこと。

f:id:ITMBASE:20190708203324j:plain

f:id:ITMBASE:20190708203449j:plain

淀屋橋の南方、船場のオフィス街の中に位置し、適塾跡に隣接しています。

園の敷地は江戸時代の銅座の跡地でした。その記念碑がたっています。

f:id:ITMBASE:20190708203543j:plain

園内は立ち入り禁止

木造園舎は日本最古であることと現役の園舎であることが高く評価されて、園庭の廻旋滑り台とともに、平成19年6月18日に国の重要文化財に指定されました。

f:id:ITMBASE:20190708203925j:plain

3歳児から5歳児までの3学級で園児の定員は90名。

現役の幼稚園ですので、当然立ち入りは禁止ですが、年に数回見学会の機会があるようです。

 

大正昭和のモダニズム 大大阪の香りを探して中之島船場散策はこれで最終回となります。今回は船場の北側を中心に散策しましたが、別の機会に続編を記事に出来れば良いなと思っています。

長い間お読みいただきまして有難うございました。

大正昭和のモダニズム 大大阪時代の香りを探して船場中之島散策~3

御堂筋の西側を散策

日本生命本館

今日は御堂筋西側の内北浜通り周辺を散策してみます。

f:id:ITMBASE:20190706091132j:plain

先ずは日本生命本館です。

建築年は第1期が昭和14年、第2期が昭和37年です。

RC7階建てで地下3階建て。

 

第1期工事でビルの北半分を建てましたが、、戦争で中断し、アメリカ軍の接収が解除されてから南側の工事が行われたそうです。

f:id:ITMBASE:20190706091700j:plain

日本有数の保険会社、日本生命相互会社の本店がこちらになります。

旧芝蘭社学園 芝川ビル

戦前はお嬢様学校だったそうです。

芝蘭社(しゃらんしゃ)家政学園という女子教育の学校でした。

 

当時アメリカで流行していた南米マヤ・インカ風の装飾を採り入れています。

 

昭和2年建築の地上4階、地下1建ての建物です。

f:id:ITMBASE:20190706092601j:plain

今でも飲食店などが営業している現役ビルです。

f:id:ITMBASE:20190706092719j:plain

f:id:ITMBASE:20190706092753j:plain

旧大阪教育生命保険

レトロな建物が立ち並ぶ船場の一角にあるビルで最近まで大中証券が営業していました。

 

今はレストランとして利用されているようです。

 

明治45年建築の煉瓦造り2階建てのビルです。

f:id:ITMBASE:20190706093215j:plain

赤レンガの歴史を感じさせる建物です。

日本基督教団浪花教会

上の旧大阪教育生命保険の隣に建つ建物です。

昭和5年建築です。

現役の教会です。

 

先のとがったアーチの窓と高い塔屋が特徴です。

施行は何と竹中工務店だそうです。

f:id:ITMBASE:20190706094823j:plain

f:id:ITMBASE:20190706094853j:plain

地図で見ると

位置関係を地図で見るとこんな感じです。

適塾と私立愛珠幼稚園は別記事に譲ります。

f:id:ITMBASE:20190706095412p:plain

堺筋北浜駅周辺では

野村ビルディング

高麗橋野村ビルディングは昭和2年建築です。

RC造り7階建て。

f:id:ITMBASE:20190706095803j:plain

f:id:ITMBASE:20190706095829j:plain

褐色の壁面がノスタルジックな感情を湧き立たせます。

旧福徳銀行大阪支店 新井ビル

大正11年建築の建物です。

外観はルネッサンス様式です。

f:id:ITMBASE:20190706100105j:plain

左右対称の造りが特徴的。

現在は大阪を代表する洋菓子店「五感」の北浜本館として利用されています。

f:id:ITMBASE:20190706100358j:plain

三井銀行大阪支店

こちらは北浜にある旧三井銀行の大坂の拠点でした。

昭和11年建築です。

現在は三井住友銀行大阪中央支店になっています。

 

昔からの銀行の建物の雰囲気を醸し出しています。

f:id:ITMBASE:20190706100654j:plain

北浜レトロ

明治45年に建てられたこちらは、元は証券の仲買業者の社屋だったようです。

現在は紅茶専門店が入っています。

2階のカフェからは中之島のバラ園が見渡せるそうです。

f:id:ITMBASE:20190706101238j:plain

大阪証券取引所ビルの向かいに建っています。

大阪証券取引所

大阪証券取引所は昭和10年に建てられました。

元々は江戸時代に年貢米を貯蔵回漕し、商人に売却した「淀屋米市」が発祥で、後に日本の証券取引所の始まりとなっていったようです。

f:id:ITMBASE:20190706102113j:plain

現在は、東京証券取引所経営統合し、大阪取引所として先物オプション取引に特化した取引所になっています。

 

2004年に全面増改築がされ、高層ビルに生まれ変わりましたが、楕円筒形の旧市場館部と外壁、内壁の一部が保存されました。

 

大阪証券取引所ビルとして、大阪を代表するイタリアンのお店「ポンテベッキオ」をはじめとするレストランや店舗も入居しています。

f:id:ITMBASE:20190706102856j:plain