空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

灘の酒 灘五郷めぐり 神戸酒心館

福寿の蔵元

世界にチャレンジする酒蔵

沢の鶴資料館から東に向かって15分位歩いたところに神戸酒心館があります。

ここは、灘五郷のひとつ、御影郷の酒蔵の一つです。

 

私は、個人的にはあまり株式会社神戸酒心館が造る「福寿」について縁が無かったのですが、世界的にはかなり表彰歴を持つお酒のようです。

 

全国新酒鑑評会の他、インターナショナル・サケ・チャレンジやインターナショナル・ワイン・チャレンジ、ロンドン・サケ・チャレンジ、全米日本酒鑑評会等、数々の受賞歴を持っています。

 

宝暦元年(1751年)に創業した酒蔵で、13代にわたって「福寿」の名を守り続けていると案内されていました。

 

綺麗に整備された庭や、雰囲気のあるたたずまい、昔からの酒蔵であることを醸し出しています。

f:id:ITMBASE:20190518082024j:plain

こちらが正門(長屋門)になります。

f:id:ITMBASE:20190518082256j:plain

f:id:ITMBASE:20190518082341j:plain

見学施設

見学施設には酒蔵である福寿蔵、蔵の料亭さかばやし、ショップのある東名蔵、酒心館ホールである豊明蔵があります。

 

福寿蔵の酒蔵見学は要予約とのことで、ショップのある東名蔵にお邪魔しました。

f:id:ITMBASE:20190518082944j:plain

f:id:ITMBASE:20190518083014j:plain

お待ちかねの試飲

きき酒カウンター

無料のテイスティングコーナーと有料のきき酒カウンターがありますが、ここは折角ですのできき酒カウンターでお酒を堪能することにしました。

大吟醸、純米、生酒の味比べきき酒セットが500円。

45ml×3種類です。

 

きき酒セットの他にもいろいろなお酒と簡単なおつまみが頂けます。

(本格的に食事をしたりお酒を飲みたい場合は蔵の料亭さかばやしへ)

f:id:ITMBASE:20190518083334j:plain

ノーベル賞のお酒です

福寿の純米吟醸酒ノーベル賞の公式行事で提供されるなど海外のソムリエからも高く評価されているそうです。

ショップ内にもノーベル賞公式行事で提供される日本酒であると、大きくアピールしていました。

f:id:ITMBASE:20190518083828j:plain

頂いたのは以下の3種です。

蔵直採り生酒は非売品とのことです。

f:id:ITMBASE:20190518083855j:plain

大吟醸を頂きました。

吟醸の鼻に抜ける香りがすごく爽やかで飲みやすいお酒です。

みずみずしくて、良い意味で日本酒らしくない飲み口です。

今回の酒蔵巡りで3本指に入る美味しさでした。

 

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018の大吟醸の部で金賞を受賞したお酒だそうです。

 

もちろん純米酒も生酒も大変美味しかったです。

福寿というお酒、ファンになりました。

 

ちなみに福寿大吟醸は720mlで3,240円、福寿純米酒御影郷は1,188円と、結構お手頃の値段です。

ぜひ今度家飲み用に買ってみたいと思います。

 

次回はこうべ甲南武庫の郷です。

灘の酒 灘五郷めぐり 沢の鶴資料館

昔の酒蔵

兵庫県指定「重要有形民俗文化財

阪神電車本線大石駅を下車して海に向けて歩くこと約10分。

澤の鶴資料館があります。

 

昭和53年11月に古い酒蔵をそのまま資料館として公開したそうです。

その後昭和55年に酒造り道具とともに、兵庫県「重要有形民俗文化財」の指定を受けたそう。

f:id:ITMBASE:20190516184850j:plain

しかしながら、平成7年1月に阪神地区を襲った、阪神淡路大震災によって、全壊してしまいました。

現在の建物は、平成11年3月に復興再建したものです。

f:id:ITMBASE:20190516184934j:plain

f:id:ITMBASE:20190516185450j:plain

昔の酒造りを再現

酛仕込み、麹造り、洗米、蒸米といった酒造りの行程が、昔の道具の展示とともに、説明されています。

f:id:ITMBASE:20190516190036j:plain

f:id:ITMBASE:20190516190109j:plain

f:id:ITMBASE:20190516190155j:plain

海上輸送で灘酒を江戸に大量に運んだ樽廻船の模型が飾られています。

樽回船によって、灘酒が江戸の酒の8割のシェアを取った一因ともなりました。

f:id:ITMBASE:20190516190450j:plain

米は酒米の王様「山田錦」をはじめとする播州や但馬、丹波酒米

全国的にも有名な丹波杜氏の技。

水は灘の宮水。

六甲おろしの冷気、海上輸送等の酒造りに申し分ない立地条件。

こうした様々な要因が灘の酒を育てていったようです。

お待ちかねの試飲

ミュージアムショップで

資料館を回り終わると出口がミュージアムショップに繋がっています。

ここでお待ちかねの試飲ができます。

 

本日の試飲のお酒は本醸造生原酒と古酒仕込み梅酒。

生原酒はアルコール度数18度とやや濃いめ。

梅酒は甘くすっきりと。

 

ここでは色々なお買い物もできますが、ここからスタートしたので重い荷物を持って回ることもできず、あきらめます。

f:id:ITMBASE:20190516191234j:plain

今の沢の鶴は

昔の酒蔵と道路を挟んだ向かいに今の沢の鶴の工場があります。

見学は出来ませんが、広大な敷地に、ステンレス製の大きなタンクが遠めに見えます。

 

近代的な工場になっているようです。

f:id:ITMBASE:20190516191955j:plain

ここから灘五郎の酒繰り巡りは始まりました。

次回は神戸酒心館「福寿」を紹介します。

灘の酒蔵 灘五郷めぐり

灘の酒蔵について

灘五郷とは

日本三大酒処とは灘(兵庫)、伏見(京都)、西条(広島)のことと言われています。

共通点は水が良いところです。

 

特に灘が酒処となっている理由は、六甲山からの西宮の湧水(宮水)の他に、灘の近くの丹波、但馬が山田錦などの酒造好適米の産地となっていることです。

また、自然の良港があり、江戸に酒を運びやすかったことも理由の一つです。

 

灘の酒蔵と一括りしますが、実は灘には5つの地域に分かれた郷に分けられます。

西から、西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷今津郷となります。

 

下の地図は灘五郷酒造組合さんのHPからお借りしたものです。

f:id:ITMBASE:20190513193609p:plain

それぞれの代表するお酒と会社は以下の通りです。

西郷 金杯金杯酒造(株))、沢の鶴(沢の鶴(株))

御影郷 白鶴(白鶴酒造(株))、菊正宗(菊正宗酒造(株))、剣菱剣菱酒造(株))

戎麺(坊垣醸造(合))、福寿((株)神戸酒心館)、仙介・琥泉(泉酒造(株))、大黒正宗((株)安福又四郎商店)、甲南漬(高嶋酒類食品(株))

 

魚崎郷 千代田蔵(太田酒造(株))、松竹梅(宝酒造(株))、浜福鶴((株)浜福鶴銘醸)、櫻正宗櫻正宗(株))

 

西宮郷 日本盛(日本盛(株))、灘自慢(國産酒造(株))、喜一(木谷酒造(株))、金鷹(本野田酒造(株))、白鷹(白鷹(株))、白鹿(辰馬本家酒造(株))、灘一(松竹梅酒造(株))、濱娘(大澤本家酒造(株))、島美人(北山酒造(株))、徳若(万代大澤醸造(株))

 

今津郷 大関大関(株))、扇正宗(今津酒造(株))

 

名だたるお酒のメーカーが並びます。

灘の酒蔵の歴史について

灘でお酒が造られ始めたのは室町時代の頃と言われています。

江戸の初期には池田や伊丹が江戸向けの酒造地として栄えましたが、江戸中期には灘が江戸向けの銘醸地として発展して行きました。

 

先にお話した、宮水や原料米、江戸へ向かう樽回船のほか、灘が銘醸地として発展した理由の一つに六甲山系の急流を利用した水車の存在がありました。

 

これまでの足踏み精米にくらべて水車を利用することで、精米歩合を高めたほか、精米量の飛躍的な増大により、量産化が図られたのでした。

 

江戸の後期には、江戸で飲まれる日本酒の8割を灘の酒蔵が供給していたと言われています。 

灘の酒蔵巡り

阪神電車に乗っていきます

灘の酒蔵巡りは阪神電車に乗っていきます。

阪神電車では「灘は日本一の酒どころ」のラッピング電車が走っています。

下の二枚の写真は灘五郷酒造組合HPのものです。

f:id:ITMBASE:20190513210801p:plain

f:id:ITMBASE:20190513210846p:plain

 阪神電車大石駅から甲子園の間に酒蔵は点在しています。

ここを徒歩と阪神電車を使って酒蔵巡りをします。

実際に廻ったルートは

こんなルートで回ってきました。

 

先ずは阪神電車に乗って大石駅まで行きます。

徒歩10分で沢の鶴資料館へ行きました。

そこから徒歩15分で神戸酒心館(福寿)に。

そこから徒歩でこうべ甲南武庫の郷。

 

新在家に戻って昼食を食べ、新在家駅から住吉駅まで阪神電車で移動。

徒歩5分で白鶴酒造資料館に行きました。

その後菊正宗酒造記念館、浜福鶴吟醸工房、櫻宴と回ります。

 

魚崎駅に戻って阪神電車西宮駅まで。

西宮神社(戎神社)に顔を出した後、白鹿記念酒造博物館、酒ミュージアムラシックス、白鷹緑水苑。

 

次回から数回にわたって酒蔵(見学施設と試飲)を紹介していきます。

 

 

JGCプレミア修行達成しました

ホーチミン旅行でJGCプレミア到達

修行解脱しました

今年の1月1日から始めたJGCプレミア修行も、GWのホーチミン旅行をもって終わりを迎えました。

 

1月1ヶ月間の国内線FLY ON ポイント2倍

JALカード初回搭乗 5,000FLY ON ポイントキャンペーン

前年ダイヤモンド、JGCプレミアステータス 3,000FLY ON ポイントプレゼント

 

かなり下駄を履かせて頂きましたが、80,000FLY ON ポイントを獲得しました。

f:id:ITMBASE:20190512144752p:plain

毎回のことながら、終わってみると寂しいものがあり、まだ続けたかったなあと思います。

 

ダイヤモンドまで目指すか・・・。

今年は夏休みは特典航空券で旅行することから、費用対効果を考えるとここまでですかね。

 

itmbase.hatenablog.jp

 

 

itmbase.hatenablog.jp

 ルートは

1回目は、正月のITM-HNDの往復から始まりました。

1月にFLY ON ポイント2倍を設定しましたので飛びまくり。

2回目はITM-OKA OKA-KIXと沖縄往復。

3回目はKIX-OKA-HND/NRT-SIN SIN-HND-OKA-KIXと修行の王道OKA-SIN(沖縄からシンガポールの往復)。

4回目は出張でのITM-HNDの往復。

5回目はITM-HND-OKA OKA-HND-ITM。

6回目は出張でITM-FUK片道(復路はANAで)

7回目はITM-HND-OKA OKA-HND-ITM。

ここで1月は終わりました。

プレゼントのFLY ON ポイント込で54,564ポイントになりサファイア達成です。

 

2月以降は旅行を兼ねて東南アジアシリーズです。

2月にITM-HND-BKK BKK-HND-ITMとバンコク旅行。

3月にITM-HND-SIN SIN-HND-ITMとシンガポールへ。

東京出張ITM-HNDの往復を挟んで

GWにはITM-HND-SGN SGN-NRT-ITMとホーチミン旅行。

 

これで80,236FLY ON ポイント。

JGCプレミア修行達成となりました。

 

ちなみに宿泊代は除いた航空運賃(燃油サーチャージ、税金込)で516,150円。

高い遊び代!!。

ゴルフとかはしないので、許してもらいましょう(笑)

 

頂いたFLY ON ポイント、FOP2倍すべて含めてFOP単価は6.44円でした。

 さてこれからブログはどうしようか

ど素人が始めたブログですが

元々ブログの知識など全くなかった私が、JGCプレミア修行の記録を残したいと始めたブログでした。

 

読んでいただいている皆様に助けられながら、励ましのお言葉を頂戴しながら続けてまいりました。

 

星をつけていただいた方や、コメントを頂いた皆様、あるいはこのサイトに訪れていただいた方には本当に感謝しております。

 

気が付けばこの記事で213記事目。

連続日数は212日。

 

JGCプレミアを達成しましたのでこのブログをこれからどうしようかと考えました。

もう暫く続けてみよう

ブログを始めて、行動範囲が広がったり、いろいろなことを考えるようになりました。

会社から帰ってきても、だらだらテレビを見たり、だらだらお酒を飲み続けたりということも少なくなりました。

 

ただ、一方で使える時間が足りなくなってしまったことも事実です。

 

このままでは、夏休みのポルトガル旅行の計画もしっかり立てる時間が無くなってしまうかも。

そんな不安もありました。

 

そこで、明日からは少しゆるくブログを続けたいと思います。

毎日の更新は出来なくなりますが、引き続きブログは更新していきますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

大阪のバラ園を散策してきました

大阪の都市公園

大阪は緑が少ないらしい

大阪は緑が少ないと言われますが、各都道府県の都市公園の面積を比べてみると

1位 北海道  13,413ha

2位 兵庫県   6,643ha

3位 東京都   5,658ha

4位 愛知県   5,466ha

5位 埼玉県   4,767ha

となっており、大阪府は8位の4,515haとなっていました。

 

確かに下の地図を見ても大阪城公園以外はあまり緑(公園)が見られません。

その数少ない公園の中で中之島公園と靭公園はバラ園が有名です。

そのバラ園は、今見ごろを迎えています。

 

この記事の写真は1週間前に撮影したものですが、おそらく今が満開となっているはずです。

f:id:ITMBASE:20190511113809p:plain

大阪市内のバラの名所

中之島公園

最寄駅は京阪本線、地下鉄堺筋線の北浜駅か、京阪中之島線のなにわ橋です。

中之島公会堂を東に進んだところに公園はあります。

f:id:ITMBASE:20190511114607j:plain

都心の真ん中にある公園ですので、ビルが立ち並んでいる中にあります。

公園にはカメラを抱えた方がたくさんいらっしゃっていました。

1週間前の撮影でしたので、品種によってはまだ蕾の花もありました。

f:id:ITMBASE:20190511114854j:plain

f:id:ITMBASE:20190511114925j:plain

f:id:ITMBASE:20190511115001j:plain

f:id:ITMBASE:20190511115039j:plain

f:id:ITMBASE:20190511115303j:plain

色々な種類の色々な色の花が咲いています。

約310品種、3,700株のバラが咲いているようです。

f:id:ITMBASE:20190511115544j:plain

f:id:ITMBASE:20190511115610j:plain

靭公園(うつぼこうえん)

こちらの公園の最寄駅は地下鉄四つ橋線肥後橋か、地下鉄四つ橋線、中央線の本町駅です。

両方の駅の中間にあり、どちらの駅からも徒歩10分位で行くことが出来ます。

f:id:ITMBASE:20190511120036j:plain

東側と西側に道路(なにわ筋)を挟んで2つ公園があり、西側はテニスコート、東側が気の生い茂った公園になっています。

バラ園は東側の公園にあります。

四ツ橋通り側の入り口から入ると気が生い茂って見えますが、ここをまっすぐ歩いて二つ目の十字路を右に曲がったところにバラ園があります。

f:id:ITMBASE:20190511120251j:plain

f:id:ITMBASE:20190511120312j:plain

こちらがバラ園の全景です。

株ごとに区画が分かれてバラの花が植えられています。

f:id:ITMBASE:20190511120349j:plain

靭公園のバラは170品種3,400株が植えられているそうです。

f:id:ITMBASE:20190512140226j:plain

f:id:ITMBASE:20190512140306j:plain

f:id:ITMBASE:20190512140637j:plain

f:id:ITMBASE:20190512140811j:plain

今日はこの辺で。






 

ホテル・ニッコー・サイゴンに泊まるホーチミンの旅 番外編

ホーチミンのお土産

買ってきましたホーチミン

ホーチミンのラッキープラザと高島屋で買ってきたお土産はこんな感じです。

f:id:ITMBASE:20190511104336j:plain

ビールは333ビール、ビア・サイゴン、ラルービール。

酒類は免税範囲が1人2,280mlまでですので、2人でセーフ。

会社用のPhevaチョコレート。ばらまき土産です。

インスタントフォーとインスタント麺。

インスタントフォーとインスタント麺はエースコック製です。

 

買って帰ってきてみると、これだけ。

安かったのだからもっと買ってくれば良かったと後悔しますが。

また行ってきます。

インスタントフォーを作ってみる

鍋で煮込むのかと思っていたのですが、作り方を見るとお湯を注ぐタイプです。

丼にお湯を注いで3分間。

f:id:ITMBASE:20190511105508j:plain

全てのスープと具材を丼に入れてからお湯を注ぎます。

f:id:ITMBASE:20190511105535j:plain

こちらが出来上がり。

お好みでもやしやパクチー、しゃぶしゃぶした牛肉を乗せて。

f:id:ITMBASE:20190511105811j:plain

結構パクチーの風味が効いて美味しい出汁でした。

麺もお湯で戻っており良い感じです。

 

意外に本格的なフォーの出来上がりでした。

 

レシートが残っていなかったので記憶ベースですが1袋20数円でした。

 

これで「ホテル・ニッコー・サイゴンに泊まるホーチミンの旅」は完結です。

長い間お付き合いいただきまして有難うございました。

ホテル・ニッコー・サイゴンに泊まるホーチミンの旅 その10最終日

タンソンニャット国際空港

4時半起床

昨日のタクシーが拾えなかった騒動で、寝たのは夜中の1時でした。

日本の帰国便がホーチミン8時発とのことで4時半起床。

妻は2時間しか寝ていないと言っていますが、後は帰るだけです。

 

5時過ぎにホテルを出発し、VINASUNタクシーで空港まで。

150,000VNDを少し超えたところで空港に着きました。

 

100,000VND紙幣2枚、200,000VND(1,000円)を支払いましたが、笑いながらおつりをくれる気配は無し。

250円のことだから別にいいのですが、朝から気分は良くなく。

 

結局、渡した100,000VND紙幣1枚を取り上げて、20,000VND紙幣を3枚渡し、160,000VNDを支払い直しです。

 

何だかな~、という気分です。

ル・サイゴンネイズ・ラウンジへ

早朝ということもあり、出国手続きはいたってスムーズに行われ、並ぶこともなく終わりました。

 

以前はJALのタンソンニャット国際空港のラウンジはROSEラウンジ1択でした。

2018年11月にル・サイゴンネイズ・ラウンジが新装オープンしました。

 

現在はROSEラウンジかル・サイゴンネイズ・ラウンジのどちらかが使えるチケットがチェックイン時に貰えますので、今回はル・サイゴンネイズ・ラウンジを訪問してみました。

f:id:ITMBASE:20190511081644j:plain

キャセイパシフィック航空、マレーシア航空、タイ国際航空アシアナ航空、ターキッシュエアラインズ、エミレーツ航空カタール航空全日空シンガポール航空中国国際航空日本航空の指定ラウンジになっています。

 

ベトナム航空と、スカイチーム以外のほぼほぼの航空会社の指定なのでしょうか。

f:id:ITMBASE:20190511082217j:plain

上の写真の手前の丼の中にはフォーが入っています。

ぐつぐつ沸騰している出汁をかけて食べることになっています。

 

こんな感じで出来上がります。

結構本格的なフォーが出来上がりました。

(見た目は美味しそうでなくてすみません。でも結構いけます)

f:id:ITMBASE:20190511082429j:plain

他にもホットミールやフルーツが並んでいました。

f:id:ITMBASE:20190511082609j:plain

f:id:ITMBASE:20190511082634j:plain

f:id:ITMBASE:20190511083300j:plain

ホットミールの中にはお味噌汁も。

f:id:ITMBASE:20190511082718j:plain

お酒はこんな感じです。

f:id:ITMBASE:20190511082807j:plain

f:id:ITMBASE:20190511082834j:plain

朝で空いていたせいもあり、非常の心地よいラウンジでした。

航空会社のラウンジではないラウンジの中では上位の部類だと思います。

f:id:ITMBASE:20190511083129j:plain

f:id:ITMBASE:20190511083207j:plain

ラウンジからは帰国便のJALのB787-8の姿も見ることが出来ました。

f:id:ITMBASE:20190511083433j:plain

2泊4日の旅を終え日本に帰ります

成田国際空港

8:00発JL750便で成田国際空港へ向かいます。

日本に着くのは15:50を予定しています。

f:id:ITMBASE:20190511083856j:plain

乗る飛行機はB787-8ですが、JAL SKY WIDERになる前の旧型シートです。

結構前の席との圧迫感があります。

f:id:ITMBASE:20190511084137j:plain

機内食は豚肉と野菜の旨煮

f:id:ITMBASE:20190511084331j:plain

あるいはチキンドリアです。

f:id:ITMBASE:20190511084548j:plain

昨日の寝不足が功を奏して、機内ではワインを頂いた後はずっと寝ていましたので、楽に過ごすことが出来ました。

f:id:ITMBASE:20190511084753j:plain

f:id:ITMBASE:20190511085020j:plain

伊丹まで

成田国際空港には予定より早めの15:30に到着です。

成田発は18:25ですので結構時間があります。

空港で早めの夕食を済まします。

やはり、日本の食事は美味しいですね。

f:id:ITMBASE:20190511085315j:plain

成田国際空港の国内線のラウンジはいつ行っても込み合っています。

f:id:ITMBASE:20190511085510j:plain

f:id:ITMBASE:20190511085603j:plain

伊丹までの飛行機はクラスJが空いていたので当日変更です。

飛行機は国際線仕様ですので、クラスJビジネスクラス座席です。

但し、スカイラックスですが・・・。

f:id:ITMBASE:20190511085904j:plain

こうして2泊4日のホーチミンの旅は終わりました。

最後に

都市型リゾートでゆっくりまったりする予定でホーチミンに行ったのですが、結構濃い旅になってしまいました。

 

3年前にホーチミンに行って以来の再訪となりましたが、新しいビルが林立し、おしゃれなお店が沢山出来て様変わりでした。

 

これからもっとどんどん発展し、変わっていくように思われます。

一方、物価が安く過ごしやすかったものが、シンガポールバンコクの様に物価がどんどん値上がっていくのかもしれません。

仕方がないのでしょうが。

 

次回、番外編でホテル・ニッコー・サイゴンに泊まるホーチミンの旅は最終回となります。