空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

春の京都 桜の名所を巡る その2東寺

世界文化遺産登録の東寺

真言宗総本山のお寺

京都駅の南に位置する東寺。

国宝や重要文化財を数多く要する真言宗総本山です。

 

真言宗の総本山というと高野山を思い浮かべますが、実は真言宗の総本山は全部で18

本山あるそうです。

その理由は、真言宗にはいくつかの宗派があるからです。

 

高野山真言宗 総本山金剛峯寺

東寺真言宗 総本山教王護国寺(=東寺)

真言宗善通寺派 総本山善通寺(香川県) 大本山随心院

真言宗中山寺派 大本山中山寺兵庫県

   ・

   ・

   ・

この18の総本山・大本山を巡る巡礼の旅がひそかにブームになっているとか。

四国巡礼と同じように礼所の順番が決まっているようです。

 

ここ東寺は平安京に遷都されたのち、桓武天皇が羅城門の東西に大寺を置かれたのが始

まりです。

空海真言密教を学んで帰朝して東寺を造営したそうです。

東寺は何度も建て替えられた

東寺は創建以来1200年の間に幾度も台風や、地震、雷や兵火等の災害を受け、堂塔

の大半を焼失していますが、その度に再建されました。

 

したがって、国宝五重塔は江戸時代に、国宝金堂は桃山時代に、重文講堂は室町時代

国宝大師堂は南北朝時代に建てられ、現在に残っています。

東寺は京都の桜の名所

五重塔と桜

京都駅から近鉄奈良線で一駅、東寺駅下車です。

駅からは東門入り口まで徒歩10分です。

 

拝観時間は午前8時から午後5時までです。

春3月中旬から4月中旬と秋10月下旬から12月上旬までは夜間特別拝観があるよう

です。

 

拝観料500円を支払って東寺の境内に入りました。

 

先ずは枝垂桜が迎えてくれます。

桜の先に国宝五重塔が見えます。

f:id:ITMBASE:20190408184405j:plain

東寺の象徴五重塔は天長3年(826年)弘法大師の創建着手に始まりますが、雷火な

どによって消失すること4回に及んでいます。

 

現在の五重塔は正保元年(1644年)徳川家光の寄進によって建てられたものだそう

です。

 

瓢箪池越しの五重塔です。

f:id:ITMBASE:20190408184623j:plain

f:id:ITMBASE:20190408184657j:plain

五重塔のふもとでは桜が満開です。

f:id:ITMBASE:20190408184751j:plain

f:id:ITMBASE:20190408184931j:plain

国宝金堂

金堂は東寺一山の本堂です。

今の堂は豊臣秀頼が発願して建てられたものだそうです。

f:id:ITMBASE:20190408185704j:plain

内部は撮影禁止の為、パンフレットから。

f:id:ITMBASE:20190408185801j:plain

日光菩薩薬師如来月光菩薩が配置されています。

薬師如来の台座には十二神将が配されています。

重要文化財です。

 

こちらは講堂です。

f:id:ITMBASE:20190408190142j:plain

国宝の梵天や、国宝の帝釈天、国宝の不動明王などが配されています。

お寺ですのでご座を敷いて花見というわけにはいきませんが、満開の桜がとてもきれい

でした。

 

春の京都桜の名所を巡る旅、次回は伏見を予定しています。