空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

ポルトガル旅行記2019 ポルトガル初日はリスボン散策~その1

リスボン到着

ホテルはアベニーダパレス

空港からエアロバスでレスタウラドーレス(Restauradores)に到着。

宿泊先はホテルアベニーダパレスです。

バス停からホテルまでは徒歩で1分と好立地です。

f:id:ITMBASE:20190824080303j:plain

まだ午前11時ですが、お部屋が用意できていますとチェックインをさせて頂きます。

こちらのホテルは古くからのリスボンの宮殿ホテルで5つ星。

非常に快適なホテルでしたので、別記事で紹介させて頂きます。

お昼はカフェ・ベイラ・ガレ(Cafe Beira Gare)で

ホテルアベニーダパレスに早い時間にチェックインできたので荷物をほどき、先ずは腹ごなしから。ポルトガルB級グルメのビファーナを食べにお目当てのカフェ・ベイラ・ガレへ向かいます。

場所はロシオ駅の目の前、ホテルからも歩いて1~2分の場所にあります。

f:id:ITMBASE:20190824082405p:plain

ビファーナとは豚肉バーガーのことでポルトガルでは有名なファーストフードとのことです。その中でもここカフェ・ベイラ・ガレはビファーナの人気店ということで楽しみです。

f:id:ITMBASE:20190824082815j:plain

テラスでも食事は出来ますが、店内へ。

テーブル席もありますが、地元の方はカウンター立席へ。

観光客らしき人はテーブル席の構図です。

恐らく、税率の違いとかがあるのでしょうか。

f:id:ITMBASE:20190824082936j:plain

ビールとビファーナ。

思っていた以上のボリュームです。

f:id:ITMBASE:20190824083313j:plain

f:id:ITMBASE:20190824083349j:plain

甘辛く煮つけられた豚肉がビールに合います。

手づかみで頂きます。

ビファーナ1個€2.50とコスパも非常に高いです。

これだけでお腹いっぱい。

CMでおなじみの展望台へ

ヴィヴァ・ヴィアジェンカード(Via viagem card)

24時間チケットを購入しにメトロレスタウラドーレス(Restauradores)駅に行きます。

カード購入€0.50と1日(24時間)乗車券€6.30です。

このカードについてもどこかで別途説明させて頂きます。

購入はこの自動販売機で。

窓口は昼休み(?)で閉まっていました(笑)。

f:id:ITMBASE:20190824085220j:plain

憧れのケーブルカーに乗ってみました

噂には聞いていましたが、リスボンの坂道は半端ではありません。

坂を上る為に、街の4カ所にケーブルカーがあり、これがリスボンを代表する風景の一つとなっています。

消臭剤のミゲル君のCMでおなじみのサン ペドロ デ アルカンタラ展望台まではケーブルカーに乗っていきます。

カルサーダ・ダ・グローリア、通称グローリア線です。

落書きだらけのケーブルカーですが、観光客には大人気。

1回€3.70と観光地価格で結構高いのですが、ヴィヴァ・ヴィアジェンカードの1日乗り放題価格に含まれています。

f:id:ITMBASE:20190824090039j:plain

時刻表はあるのでしょうか。

乗客が一杯になって出発です。

終点はこんな感じです。

落書きでちょっと残念な姿になっています。

f:id:ITMBASE:20190824090440j:plain

f:id:ITMBASE:20190824091124j:plain

サン ペドロ デ アルカンタラ展望台

リスボンは坂の街で、坂の上に立つと街を一望できる展望台がいくつかあります。

その中でも観光客に人気の展望台の一つがここサン ペドロ デ アルカンタラ展望台です。

オレンジ色の屋根のリスボンの街が一望できます。

遠くには海を望むこともできました。

f:id:ITMBASE:20190824091619j:plain

f:id:ITMBASE:20190824091654j:plain

屋台も出ています。

f:id:ITMBASE:20190824091939j:plain

カルモ修道院

サン ペドロ デ アルカンタラ展望台を出て、坂を下っていくとカルモ修道院があります。1389年に建てられた修道院ですが、1755年のリスボン地震で倒壊し、再建されずに廃墟となりました。

現在は地震の爪痕を今に残す博物館として利用されています。

f:id:ITMBASE:20190824093020j:plain

f:id:ITMBASE:20190824093113j:plain

f:id:ITMBASE:20190824093150j:plain

まだポルトガル初日のリスボン散策は続きますが、今日はこの辺で。