空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

大正昭和のモダニズム 大大阪時代の香りを探して船場中之島散策~2

船場 御堂筋西側を散策する

はじめに

前回は中之島を散策した記事を書きました。

大阪市中央公会堂大阪府中之島図書館、日本銀行大阪支店。

すべて公共的な建物です。

 

今回は船場内北浜通り周辺の御堂筋の西側を紹介します。

ここは通称」「住友村」と言われ、住友関連各社の本社、本店が集積していた所です。

f:id:ITMBASE:20190704205403p:plain

旧住友ビルヂング

この地区で圧倒的な存在感を示すのが旧住友住友ビルヂングです。

現在は三井住友銀行大阪本館として利用されています。

 

住友銀行(現三井住友銀行)の他、住友各社が入居する住友ビルヂングとして昭和5年に建てられました。

イオニア式と呼ばれる神殿風の石柱を配した豪華な玄関が大銀行の本店ビルの象徴となっています。

f:id:ITMBASE:20190704210241j:plain

当初は7階建てのビルを建築する予定でしたが、工事途中に起きた関東大震災の影響で5階建てに変更され、その後6階を増築したとのことです。

 

1階の大阪本店営業部に入ると、高い天井とシャンデリアが目に入ってきて豪華です。

 

下の写真は中之島側から撮影した写真です。

 

正面玄関は、こちらから見える土佐堀通りに面した入口なのかもしれませんが、いつもこの玄関はクローズされています

 

普段の出入り口は一方通行の幅4メートル道路に面した東玄関と西玄関なのが不思議です。

f:id:ITMBASE:20190704210832j:plain

f:id:ITMBASE:20190704211326j:plain

大阪倶楽部

大阪倶楽部は1912年(大正元年)に設立された会員制社交クラブです。

特定の業種や業種に拘ることなく有識者が集い、「知の交流と心のふれあいの場」として大阪で設立された伝統と歴史のある会員制社交クラブ(HPより)と説明されています。今でも現役です。

 

今の事務所は大正13年建築でRC造り4階建てです。

この建物の前にはいつも黒塗りの車が列を作って並んでいます。

 

偉い方たちの社交場となっているのでしょう。

f:id:ITMBASE:20190704212753j:plain

f:id:ITMBASE:20190704212848j:plain

f:id:ITMBASE:20190704212920j:plain

大阪市中央消防署今橋出張所

1925年(大正14年)から1996年まで消防署として使われていました。

大阪倶楽部のはす向かいにあり、当時の雰囲気を漂わせています。

 

20年ちょっと前までは現役で使われていたのですね。

f:id:ITMBASE:20190704214014j:plain

2016年からは美味しいイタリアンで有名な、アンテカ オステリア ダル ポンピエーレのお店として使われています。

 

コスパの良いお店として食べログでも高評価です。

f:id:ITMBASE:20190704214353j:plain

天井の高い1階のアーチは消防車の車庫だったとのこと!!

当時の面影が忍ばれます。

大阪ガスビル

昭和8年に建築された8階建てのビルで、施工は大林組です。

上の地図には入りきらなかったのですが、御堂筋をもう少し南に下るとこのビルに出会えます。

 

関西を代表する大阪ガスの本社です。

昭和8年と言えば、地下鉄御堂筋線の梅田~心斎橋が開通した年です。

町中が華やいだ年だったことが想像できます。

f:id:ITMBASE:20190704215545j:plain

f:id:ITMBASE:20190704215608j:plain

淀屋橋も紹介します

重要文化財

船場から中之島に架かる橋淀屋橋とその先の大江橋は御堂筋拡張の昭和10年に架けられました。

国の重要文化財に指定されています。

 

建物ではないのですが、歴史を味わえる建造物です。

 

日銀大阪支店(中之島側)からみるとこんな感じ。

f:id:ITMBASE:20190704220024j:plain

船場側からはこう見えます。

奥に見える建物は大阪市役所です。

f:id:ITMBASE:20190704220156j:plain

欄干の該当が歴史を感じます。

f:id:ITMBASE:20190704220304j:plain

大阪の大正昭和のモダニズムを少しでも感じていただけると嬉しいです。

 

次回は御堂筋の東側を散策してみます。