空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

令和元年の梅雨の状況は

大阪の梅雨入りは

今年も半分が終わりました!

7月に入りました。

何と今年も半分が終わってしまいました。

何が出来て、何が出来なかったか考えてみると・・・。

 

出来たことは、このブログがが続いていることとJGCプレミア修行を達成したことぐらいで、出来ていないことの方が多いですよね。

このペースで行くと、あっという間に今年も終わってしまいそうで怖いです。

 

さて、大阪は6月26日頃に梅雨入りとのこと。

史上一番遅い梅雨入りだそうです。

平年より19日遅く、昨年より21日遅かったそうです。

 

関東から東海地方はほぼ平年並みの梅雨入りの時期に対し、北陸や東北地方は5日ほど

早め。近畿、中国、四国、九州北部の梅雨入りの遅さは異常です。

f:id:ITMBASE:20190629115644p:plain

尚、沖縄は6月29日に梅雨明けが発表されました。

雨はどうなるの

気象庁が27日に発表した予報によると向こう1ヶ月間の降水量は、東日本、西日本の日本海側で多い、北日本、西日本の太平洋側で平年並みか多い、とのことでした。

 

梅雨明けは極端に早いことは無いようですが、九州北部から近畿にかけては、梅雨の期間が記録的に短くなる可能性があります。

 

梅雨の期間が短いのに降雨量が平年並みか多いということは、極端な大雨の日があるかもしれません。梅雨明け間近の集中豪雨には注意が必要です。

歳時記では

梅雨の季語

梅雨の時期は湿度が高く、ジメジメして過ごしにくいですね。

一方、菖蒲や紫陽花が青や、紫、ピンクの綺麗な花が咲きます。

雨に濡れた紫陽花は風情があって良いですよね。

 

梅雨とは、梅の実が熟するときに降る雨という意味です。

梅雨は夏の季語です。

 

入梅(ニュウバイ)、梅雨寒(ツユザム)、梅雨明(ツユアケ)。

梅雨に入る入梅、梅雨の途中の梅雨寒、梅雨が明ける梅雨明。

なんとなく梅雨に入ると塞ぎがちになります。

 

黴(カビ)に雨と書いて黴雨(ツユ)とも読みます。

カビが生えやすい時期という意味でこれもこの時期の季語。

 

天気で言うと、梅雨空(ツユゾラ)、空梅雨(カラツユ)、梅雨曇(ツユグモリ)、虹(ニジ)なんていうものもあります。

 

動物では雨蛙(アマガエル)や蝸牛(カタツムリ)、植物で言うと紫陽花(アジサイ)が梅雨の季語になります。

f:id:ITMBASE:20190630145145p:plain

四季の国日本

最近は、春や秋が短かったり、台風や梅雨明けの頃の集中豪雨など、異常気象ではないかという事象も見受けられます。

 

でもはっきりした四季がある日本。

四季のある日本で四季を楽しむ生活ができる幸せ。

 

梅雨に入ったのでちょっとこんなことを考えてみました。