空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

大阪福島 のだふじめぐり

三大名藤の一つ野田藤(のだふじ)

野田藤とは

野田藤は日本の固有種の藤で、大阪市福島区野田にある春日神社周辺が発祥とされてい

ます。

 

江戸時代には「吉野の桜(奈良県)」、「高雄の紅葉(京都府)」と並んで「野田の

藤」が「三大名所」と言われたようです。

 

また、日本の三大名藤として、「牛島の藤(埼玉県春日部市)」、「春日の藤(奈良県

奈良市)」とともに「野田の藤」が並んでいます。

新紙幣にも採用

2024年に新しくなる新紙幣の5000円札の裏面にも野田藤が採用されました。

f:id:ITMBASE:20190420165520p:plain

紫色の5000円札に紫色の藤の花が映えています。

日本固有の種ということで採用されたということです。

大阪福島のだふじめぐりに行ってみました

下福島公園

すべて4月20日の開花状況です。

 

ここ下福島公園で毎年「のだふじまつり」が開催されます。

今年は4月21日日曜日開催です。

下福島公園へは、JR東西線新福島駅から徒歩5分です。

f:id:ITMBASE:20190420170744j:plain

f:id:ITMBASE:20190420170824j:plain

f:id:ITMBASE:20190420170853j:plain

f:id:ITMBASE:20190420171006j:plain

まだ5分咲きといったところでしょうか。

本格的な見ごろはもうちょっと先になりそうです。

春日神社周辺

下福島公園から徒歩5分のところに春日神社はあります。

小さな祠ですが、いつもはひっそりしていますが、この時期は藤の花を見に来る人が訪

れます。

f:id:ITMBASE:20190420171340j:plain

満開になると下の写真のようになるのでしょうか。

未だ花はこれからです。

f:id:ITMBASE:20190420171410j:plain

f:id:ITMBASE:20190420171508j:plain

春日神社の近くのお宅にかわいい藤の植木がありました。

f:id:ITMBASE:20190420171702j:plain

阪神野田駅

阪神電鉄野田駅の南口には立派な藤棚があります。

ここも満開まではもう少し先、5分咲き程度でした。

f:id:ITMBASE:20190420171819j:plain

f:id:ITMBASE:20190420171855j:plain

大阪大開郵便局前

阪神野田駅から阪神電車の高架に沿って淀川方面に5分ほど歩いたところに大阪大開郵

便局があります。

郵便局の前には立派な藤の花が。

ここは満開でした。

カメラを抱えた人と何度もすれ違いました。

f:id:ITMBASE:20190420172224j:plain

f:id:ITMBASE:20190420172254j:plain

f:id:ITMBASE:20190420172341j:plain

この近くのお宅にも藤の植木鉢が花をつけていました。

f:id:ITMBASE:20190420172510j:plain

大開公園(松下幸之助創業の地)

大阪大開郵便局から歩くこと2分のところに大開公園があります。

松下幸之助の創業の地として大きな石碑が立っています。

藤の花はまだこれからです。

f:id:ITMBASE:20190420172816j:plain

f:id:ITMBASE:20190420172911j:plain

f:id:ITMBASE:20190420173009j:plain

鷺洲上公園 

大開公園からは梅田方向、北西方面に鷺洲上公園があります。

鷺洲上公園に向かう途中に面白いものを見つけました。

 

普通の期に巻き付いて藤の木が伸びて花をつけています。

まるで一本の木から花が咲いているようです。

f:id:ITMBASE:20190420174731j:plain

鷺洲上公園では、もうすぐ見ごろになる藤棚に出会いました。

f:id:ITMBASE:20190420174940j:plain

f:id:ITMBASE:20190420175008j:plain

ぽかぽかとした春の暖かい陽気と、抜けるような青い空。

まさに散歩日和の中、ちょっと早い「野田藤」をめぐってみました。