空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

ポルトガル旅行記2019 パリ~羽田行JALファーストクラス搭乗その1

帰国便もJALファーストクラスで

優先搭乗で機内に

搭乗時刻になりますので、エールフランスラウンジを出てK41搭乗口へ。

いよいよ楽しかったポルトガル(+フランス パリ)旅行も終盤戦です。

旅の最後のお楽しみはJALファーストクラスでの帰国です。

f:id:ITMBASE:20191005111104j:plain

折角ですので優先搭乗で機内に搭乗します。

f:id:ITMBASE:20191005111155j:plain

ボーディングブリッジの様子です。

ここでもファーストクラスは別の入り口から入ります。

f:id:ITMBASE:20191005111303j:plain

座席は妻と縦並びの1Aと2Aです。

乗客は4名でした。妻の席の隣席2Dにも搭乗客がやって来ましたが、CAさんが反対側の窓側の席に案内して、結局、4名とも窓側の席があてがわれました。

f:id:ITMBASE:20191005113027p:plain

f:id:ITMBASE:20191005113705j:plain

ウエルカムシャンパンでお出迎え

CAさんの「おかえりなさいませ」に心が和みます。

まだ飛行機に乗ったばかりなのですが、日本に帰ってきたような心地よさ。日系の航空会社の良さですね。

 

「ご旅行ですか」と聞かれ「ポルトガルに旅行してきました」と答えると「うらやましいですね」と言われて会話が弾みます。しばらくして「また後でゆっくり聞かせてください」と言われCAさんが席を離れます。

f:id:ITMBASE:20191005111852j:plain

やがてウエルカムシャンパンの登場です。

f:id:ITMBASE:20191005111921j:plain

定刻に飛行機はシャルル・ド・ゴール国際空港を離陸し飛び立ちます。

f:id:ITMBASE:20191005115433j:plain

時刻はまもなく21:00です。

窓から見える太陽もまもなく沈みます。

f:id:ITMBASE:20191005155456j:plain

ベルギーとオランダの上空を飛ぶ頃、機内食の時間が始まります。

f:id:ITMBASE:20191005115603j:plain

世界で一番贅沢なレストラン

帰国便は洋食のコースで

連載が長くなってしまったので現在のメニューは変わってしまいましたが、8月当時のメニューです。行きは和食を選んだので帰りは洋食をチョイス。

(妻は行が洋食、帰りが和食でしたので和食のメニューは次回紹介します。)

行きの羽田~パリの機内食はこちら。

 

itmbase.hatenablog.jp


itmbase.hatenablog.jp

 

まずはシャンパンです。行きはシャンパーニュ サロン 2007でしたが、帰りはルイ・ロデレール クリスタル2009です。

 

洋梨に柑橘類の風味と食パンの様なイーストのアロマが優しくそして複雑に香ります。

と、メニューに説明されていますが、残念ながら私にはわかりません。

f:id:ITMBASE:20191005154756j:plain

先ずはメニューにも載っていない付け合せから。

f:id:ITMBASE:20191005155705j:plain

前菜が用意されるまで、ドライフルーツでシャンパンをいただきます。

f:id:ITMBASE:20191005155934j:plain

飲み物を赤ワインに替えます。

クスダマーティンボロシラー2016です。行にもいただいた美味しいワイン。

日本ではなかなか手に入らないワインです。

f:id:ITMBASE:20191005160030j:plain

アミューズ・ブーシュはトウモロコシの冷製スープ。スモークダックとトリュフ添え。

爽やかで濃厚な味わいです。

f:id:ITMBASE:20191005160606j:plain

オードブルは下の3種類からの選択です。

ソローニュ産キャビアとパニプリ3種の付け合せ

オマールエビとタコ、バリエーショントマトのカルパッチョサラダ

”DIY”9種の野菜BAR 青パパイヤのサラダ

 

私はキャビアを選択しました。

f:id:ITMBASE:20191005160808j:plain

パニプリに玉子、クリームチーズ、ポテトを詰めて、キャビアを乗せていただきます。

こんなに美味しい食べ方があったのですね。

凄い贅沢な気持ちになります。

f:id:ITMBASE:20191005161823j:plain

メインディッシュも3種類から選べます。

牛フィレ肉シャトーブリアン モンペリエバター南仏風

仔牛とヒヨコ豆のバスク風煮込

ラングスティーヌと2種のイカ イカ墨パスタ、ビスクソース です。

 

私はステーキで。

f:id:ITMBASE:20191005162657j:plain

焼き方も良い感じです。

柔らかなシャトーブリアン、ミディアムレアで。

f:id:ITMBASE:20191005162753j:plain

アラカルトメニューから 

 パリから東京までは11時間55分の長旅です。

食後のワインとチーズの盛り合わせで。

f:id:ITMBASE:20191005164018j:plain

飲み物を日本酒に替えて。

醸し人九平治 彼の地2018です。

愛知県の萬乗醸造がつくる山田錦を40%まで磨いた純米大吟醸酒です。

今はやりのサラサラなお酒ではなく、トロトロの日本酒です。

このお酒もなかなか手に入りにくいお酒ですね。

f:id:ITMBASE:20191005164114j:plain

あてには比叡ゆば本舗ゆば八の比叡本ゆばさし。

f:id:ITMBASE:20191005164926j:plain

ベットに横にはなりましたが折角のファーストクラス。

寝てばかりじゃもったいないです。

寝すぎると時差ボケに襲われますし。

まだまだ行きます。

わかめうどん。

f:id:ITMBASE:20191005165140j:plain

パリ丼です。

今年の春から、鴨肉丼トリュフソースお茶漬け風に変わりました。

光の具合でちょっと見辛いです。スミマセン。

f:id:ITMBASE:20191005165455j:plain

最後はJAL特製「九州じゃんがら」ヘルシーラーメンです。

驚異の胃袋(笑)

f:id:ITMBASE:20191005165737j:plain

機内でちょっとしたサプライズがありましたので、次回は妻が食べた和食のメニューとともにお届けします。