空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

ポルトガル旅行記2019 パリ編 免税手続き

ブランド品店でお買物

ブランド品店が並ぶサントノーレ通り

パリはポルトガル旅行のおまけということで、妻の買物に付き合います。マドレーヌ寺院を南に下ったサントノーレ通り。車一台が通れるくらいの一方通行の細い道ですが、名だたるブランド店が軒を連ねます。

 

ジョルジオアルマーニ、シャネル、ディオール、グッチ、プラダ、ボッテガベネタ・・・。ブランドにあまり興味が無い私でも知ってるお店が並んでいます。パリに到着した日の夕方、妻の希望でサントレーノ通りのとあるお店にバッグを見に行きました。

 

店員さんの中に日本人の方もいらっしゃり、日本人の好きなブランドであることが分ります。色々なバッグを見せて頂き、明日もう一度来ると約束して初日はその店を後にしました。

バッグを購入

ホテルに帰ってからは、妻は友人とLINEを交換しながら、この色が良いとか、この形が良いとか延々と・・・。ブランドに興味の無い私からすると、よくそんなに話が持つなと感心するのですが。

f:id:ITMBASE:20190928095631j:plain

結局、帰国する日の午前中にもう一度そちらのお店を訪ね、自分の分と友人の分の2つのバッグを購入していました。折角パリまで立ち寄ったのですから、気に入ったバッグが買えて良かったですね。

免税手続き

グローバルブルーVIPラウンジ

さて私が感心したのはここからです。店員さんによると、免税手続き代行業者のグローバルブルーの事務所がすぐ近くに有り、そこで免税手続きをしてくれると。

f:id:ITMBASE:20190928100131p:plain

フランスではVATと呼ばれる付加価値税(日本の消費税)が20%かかります。同じお店で€175.01以上の買物をすると免税手続きが受けられ、12~13%程度が返金(タックスリファウンド)となります。

 

バッグを購入したお店で作ってもらった書類を持って、グローバルブルーの事務所に行きました。グローバルブルーVIPラウンジとなっています。恐らく、サントノーレ通りで買物をした外国人が免税手続きに訪れるのでしょう。

f:id:ITMBASE:20190928095725j:plain

ソファーのあるスペースに通され、飲み物が運ばれてきました。免税手続きをする為に、書類を渡して、パスポートとクレジットカードを見せます。すると事務所の係りの方は奥で手続きをした後に現金とバーコードの着いた書類を持ってきました。

 

現金を手渡し、「還付された税金分を受け取ってください。空港にある読み取り機でバーコードを読み取ってもらってください。バーコードが読み取られれば手続きは全て完了になります。もし、3週間以内に手続きが終わっていなかった場合は、還付された税金分は還付手続きが取り消され、クレジットカードから引き落としになります。」ということを(多分)言われました。

空港では

空港について有人カウンターを見ると人が並んでいますが、入口の係官が、この書類は向こうの無人の機械で手続きせよと。読み取り機の前はガラガラで、女性係官が立っていました。係官にやり方の説明を受けますが、日の丸を押せば機械の説明は全て日本語で出来ました。

f:id:ITMBASE:20190928100012p:plain

 

あっという間に完了です。現金は予め貰っているのでポストへの投函は不要です。

何時からこんなに便利になったのか、免税の手続きはいつも大混雑だったのに、そんなことを思わされました。