空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

ANA vs JAL 比べてみました 海外就航地

何処に飛んでいるか比べてみました

JALの倒産の果てに

2010年にJALの会社更生法適用申請がなされてから、所謂8.10ペーパーにより2016年まで経営が監視されることになりました。

 

その結果、2014年の羽田発着便増枠に対して、ANAが11枠、JALが5枠と傾斜配分されました。

 

また、2016年のアメリカ向けの6枠の増枠に対してはANAが4枠、JALが2枠

となり、羽田発着便の数はANAが圧倒的に優位となってしまいました。

 

JALも深夜枠を利用して(無理やり)ロンドン便とマニラ便を開設しましたが、昼間便のほうがやはり便利です。

搭乗率はどうなのでしょうか。

f:id:ITMBASE:20190615152536j:plain

今回は、2019年6月現在のANAとJAL国際線の就航地を比べてみました。

コードシェア便は除きます)

アメリ

f:id:ITMBASE:20190615153741p:plain

ロサンゼルスはANAが大型機材で1日3本飛ばしています。

内1本は羽田便です。

JALは成田から1便と関空から1便。

ANAが優勢です。

 

サンフランシスコはJALが羽田便、ANAは成田からです。

 

ANAのみが就航しているのはサンノゼ、ワシントンDC、ヒューストン、メキシコシティ

ヒューストンは共同事業相手のユナイテッド航空ハブ空港です。

 

一方JALのみが就航しているのはダラス、ボストン、サンディエゴ、コナです。

ダラスは共同事業相手のアメリカン航空ハブ空港になっています。

 

ホノルルは成田から4便の他関空、中部からも1本ずつ飛ばしているJALの牙城でしたが、ANAもA380を飛ばして対抗するようになりました。

ハワイからは目が離せません。

 

ニューヨークJFケネディは互角の勝負ということでしょうか。

ヨーロッパ

f:id:ITMBASE:20190615160002p:plain

 ANAが加入するスターアライアンスの盟主ルフトハンザ航空の本拠地はドイツ。

ANAはフランクフルト、ミュンヘンデュッセルドルフに合計1日4便飛ばしています。

ドイツから先もルフトハンザ航空を使えばヨーロッパ各地に飛ぶことが出来ます。

その他にもブリュッセルとウィーンに飛ばしています。

 

JALはワンワールドでの乗継としてヘルシンキとロンドンに飛ばしていますが、ANAと比較すると貧弱さは否めません。

 

ヘルシンキへはフィンエアーが成田から毎日2便プラス月・土に1便、中部からは毎日1便、関西からは毎日1便プラス月・木・土に1便、福岡から水・金・日に1便が飛んでいます。すべてJALはコードシェア便で共同事業とはなっているのですが、JALは成田から1日1便のみ。

 

バランスが悪すぎです。

ヨーロッパへは、フィンエアーを使えということなのでしょうか。

 

 

そしてJALのみが現在飛んでいるモスクワには、ANAも就航することを表明しています。

これから競争が激しくなりそうです。

オセアニア

f:id:ITMBASE:20190616083039p:plain

オセアニア、太平洋はJALがシドニーメルボルン、グアムに就航しています。

ANAはシドニーのみですが、ここも羽田から。


 機材も787-9とJALより大型機材です。

ANAはパース便の就航を表明しています。

アジア

f:id:ITMBASE:20190616083622p:plain

f:id:ITMBASE:20190616083721p:plain

アジアではANAがカンボジアプノンペンミャンマーヤンゴンに独自で便を飛ばしています。

 

クアラルンプールやジャカルタは、昔はJALの独占でしたが、今ではANAの方が便数が多く、クアラルンプール、ジャカルタは羽田からの便もあります。

 

香港に至ってはANAが1日6便に対し、JALは2便。

 

ヨーロッパのヘルシンキの所でもフィンエアーにまかせっきりとお話しましたが、中国は中国東方航空中国南方航空に任せっきり。香港はキャセイパシフィック航空に任せっきりです。

 

香港では、JALは成田から1便、羽田から1便の2便のみですが、ワンワールドに所属するキャセイパシフィック航空とのコードシェア便では、成田から6便、羽田から2便、中部から3便、関西から6便、札幌から1便プラス月・火・土に1便を飛ばしています。

 

経営的な判断とかインバウンド重視とか、理由はわからなくは無いですが、あまりにもバランスが悪く、日本~香港間はキャセイにお任せ過ぎではないでしょうか。

まとめ

倒産を経験し、不採算路線を廃止して小さくまとまったJAL。

JALが再拡大する前に、積極投資でJALに差をつけようとするANA。

 

キャッシュリッチで借り入れの余力も充分あるJALですので、これ以上ANAに離されないよう頑張ってほしいものです。

 

2020年の羽田便枠の拡大に伴って、自社便の拡大を期待します。