空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

シンガポールで自動車を所有するのは大変です

自動車は庶民の高嶺の花

渋滞税だけでは無い

昨日、渋滞税について記事をアップしました。

シンガポールでの渋滞税を調べている中で、シンガポールで自動車を所有することは

とても大変だと言うことがわかりました。

自由貿易の国シンガポールとその例外

シンガポールは殆どの物品に関税がかかりません。

自由貿易の国として栄えて来ました。

f:id:ITMBASE:20190402194112j:plain

 

しかしながら例外として以下の4種類には輸入関税や物品税がかけられています。

・タバコ製品

・お酒類

・自動車

・石油製品・バイオディーゼル混合

です。

自動車台数の計画的制限

特に国土の狭いシンガポールでは自動車の利用を無制限に認めることはしませんでし

た。

渋滞の問題や、環境の問題等を考慮した結果です。

一党独占だから出来た政策かもしれません。

 

政府は車両台数の総量を規制することを目的に、自動車を購入する人に対して10年間

の自動車の使用と所有を認める権利「COE」の取得を義務付けました。

 

itmbase.hatenablog.j

COE

陸上交通庁が毎年の配車の車を考慮して適正な増加率を見越してCOEの発行数を決定

します。

COEには1600CC以下、1600CC以上、トラック・バス、オートバイのカテ

ゴリーがあります。

カテゴリーによってCOEの価格は違います。

 

陸上交通庁が月に2回、公開入札を行います。

入札価格の高い順に並べられ、割り当ての台数の人までが落札するそうです。

f:id:ITMBASE:20190402194203j:plain

(路地にも高級車が停まっています)

シンガポールで車を買うといくらするのか

COEの値段

COEの価格は、その年の割り当て台数により上下しますが、1600CC以下の車で

も50,000ドル(約400万円!!)もかかるようです。

日本で買う自動車の約2倍です。

自動車を所有するには

それ以外にも物品税が20%、商品・サービス税、登録料などがかかり、200万円で

輸入した自動車が800万円ぐらいになってしまうそうです。

 

その他にも自動車を登録すると、毎年の道路税や、街の中心部入ると渋滞税がかかるほ

か2019年に新たに炭素税もかかるようになるとか。

シンガポール政府の収入源

シンガポールでは自動車関連の税金とCOEで税収全体の13%を賄っています。

法人税、商品・サービス税、所得税に次ぐ第四の収入源になっているようです。

 

お金持ちの人しか車は持てない・・・。

他のアジア諸国と比べても、シンガポールには高級車が沢山走っているような気がして

いたのですが。

お金に糸目をつけないお金持ちしか車を所有していない、こういう仕掛けがあったので

すね。

交通手段は便利です

シンガポールではMRT(地下鉄)やLRT(ライトレール)が非常に発達していま

す。

また、MRTやLRTが走っていないところもバスの路線網が充実しています。

元々国土が狭い国ですし、自動車を所有しなくても不便は無いのかもしれません。