空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

東京と大阪 生活や風習の違いは

食べ物編

はじめに

私は東京(の端っこ埼玉より)で生まれ育ちました。

大学も東京で、就職も東京でした。

 

途中大阪に転勤になり、現在は大阪在住です。

 

従って、大阪にいる時はエセ関西人にみられ、東京に帰省すると関西弁の人と見られま

す。

 

そんな東京と大阪を知っている私が、自分の思い込みと偏見で東京と大阪の違いについ

て記事にしてみました。

勝手な思い込みですので、クレームや間違いの指摘は受け付けませんのであしからず。

大阪にキツネそばはありません

東京はそば文化で、大阪はうどん文化です。

だしは東京はかつおだしに濃い口醤油。

大阪は昆布だしに薄口醤油です。

 

大阪に来たばかりの時、町の食堂できつねそばを注文すると、「きつねにそばはあらへ

んわ」と断られてしまいました。

 

東京は油揚げが入ったうどんは「きつねうどん」油揚げが入ったそばは「きつねそば」

ですが、大阪では油揚げが入ったそばは「たぬきそば」です。

ちなみに東京で「たぬきそば」を注文すると天かすの入ったそばが出てきます。

ãã©ãã®ã¤ã©ã¹ãããã¤ã­ãã©ãã

 

お餅は、東京は角餅、大阪は丸餅。

これは比較的有名です。

 

おにぎりは、東京は三角形で、大阪は俵型です。

巻く海苔も、東京は焼き海苔、大阪は味付け海苔です。

私の義父は、焼き海苔は食べません。味付け海苔オンリー。

肉まんと豚まんの違い

肉まんは、東京では肉まん、大阪では豚まんです。

大阪では豚まんはからしをつけて食べます。

 

食パンは東京は6枚切りで、大阪は5枚切りが主流です。

東京では、8枚切りも売られていますが、大阪ではめったに見ません。

 

居酒屋で最初に出てくる料理は、東京ではお通し、大阪ではつきだしと言います。

大阪でお通しと言っても意味は通じますが。

 

ねぎは東京では白ネギ、大阪では青ネギのことが一般的です。

では、鍋に入れるねぎを何というかと言えば、「白ネギ」と言います。

東京に帰省した時に、雑炊に青ネギを入れようと全国的に有名なスーパーに買いに行き

ましたが、青ネギは売っていませんでした。

 

生活編

エスカレーターは有名ですが

エスカレーターに乗って待つのは、東京は左側、大阪は右側。

これはわりかし有名な話です。

 

東京ではタクシーは黄色やオレンジ、グリーンなどカラフルなタクシーも多いですが、

大阪は殆どのタクシーが黒色です。

どうやら、黒一色というのは高級に見えると言うのが理由のようです。

マクドナルドは

東京ではマクドナルドのことを「マック」というのが一般的です。

大阪では「マクド

大阪に来たばかりの時は違和感だらけでしたが、いつのまにか「マクド」と呼んでいま

す。

 

同じく、ユニバーサルスタジオジャパン、東京ではUSJと言いますが、大阪では「ユ

ニバ」。

私は、今でも「ユニバ」は言えません。

 

ワイシャツの呼び方は

東京ではワイシャツと呼びますが、大阪では、カッターシャツと呼ぶことが多いです。

 

びっくりしたのが、スコップとシャベル。

ã¹ã³ããã®ã¤ã©ã¹ã

これは東京ではシャベルですが、大阪ではスコップ

 

 

ã·ã£ãã«ã®ã¤ã©ã¹ã

これは東京ではスコップですが大阪ではシャベルです。

もうわけがわからないです。

 

東京と大阪の風習の違いはまだまだあると思います。