空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

【速報】JAL国際線新規就航地はベンガルール

JAL、成田=ベンガルール(バンガロール)線新規開設決定

成長著しいインドと日本・北米とを結ぶネットワークの拡充

昨日のJALのプレスリリースで2020年夏季ダイヤまでに成田=ベンガルール(バンガロール)線を新規開設することを決定しました、との発表がありました。

 

最近ではANAがウィーン線(オーストリア)、パース線(オーストラリア)の開設を

発表し、奇しくもJALの発表と時を同じくしてチェンナイ線(インド)の開設をも発

表しました。また、モスクワ線、ウラジオストク線(ロシア)の開設を計画しているこ

とも先般報道されました。

 

JALも3月31日にシアトル線(アメリカ)が新規開設されるとはいえ、ANAの動

きばかり目立っていましたもので、JALも新規路線が開設されることは嬉しいもので

す。

 

とは言っても、華やかさに欠けるような気がしなくもないのですが・・・。

Table_rev.png

(J)BLRã¤ã©ã¹ã(é½å¸åå¤æ´å¾).jpg

ベンガルール(バンガロール)って何?

デカン高原の南に位置するインド第3の都市で、標高920mの高さにあります。高原

にあるためインドの他の都市と比較すると穏やかで涼しく、「インドのガーデンシテ

ィ」と呼ばれています。

人口は1,234万人(2017年)と、デリー、ムンバイに次ぐ人口を有していま

す。

 

Wikipediaによると

バンガロールは国営の重工業、航空産業、防衛産業の工場群が置かれた。さらに、イ

ンド経済自由化後のバンガロールにおけるハイテク産業の確立と成功は、インドの情報

通信産業(IT産業)を成長させる原動力となった。バンガロールは「インドのシリコ

ンバレー」と呼ばれるまでになり、インドの2004年のソフトウェア輸出の35%を

占めるに至っている。高い教育水準を誇る大学群と研究所群の所在地として知られ、国

内第2位の識字率を誇る」

ということです。

 

日本ではインドのIT業界のことはあまり知られていませんが、シリコンバレーのIT

企業を筆頭に世界のトップ企業はバンガロールに開発拠点を設置してグローバル戦略の

拠点としているとのことです。

 

日本人駐在員の数もデリーに次ぐ2番目のとのことでした。

 

こんな内容を聞くと、もしかしたら狙いすました選りすぐりの就航地だったのかもしれ

ません。

 

また、「成長著しいインドと日本・北米とを結ぶネットワーク」とあるように、日本と

インドを往復する顧客より、インドと北米を往復する顧客を獲得する意図なのかもしれ

ません。

A350についてもプレスリリースがありました

A350-900は羽田-福岡から

新機材となるエアバスA350-900は、2019年9月より羽田-福岡線に投入さ

れ、順次路線を拡大していくことが発表されました。

ã¨ã¢ãã¹A350

エアバス

世界では既に沢山の航空会社がA350を就航させていますが、漸く日本の航空会社も

A350を導入します。

国内線にも個人用画面と電源コンセントが付くようです。

どんな仕様になるか非常に楽しみです。

B787-8型機は羽田-伊丹

国内線にB787-8が登場します。

今秋に羽田-伊丹線に国内線仕様のB787-8が導入されるようです。

こちらも個人用画面と電源コンセントが付きます。

羽田-伊丹線は直接利用する路線なので個人的にも楽しみです。

 

A350-900でB777-200の置き換えを進め、B787-8でB767-

300ERを置き換えていくようです。

 

運行スケジュールや客室仕様については決まり次第改めて発表するそうです。

またJALから目が離せません。