空へ!!

旅行とか、マイルとか、お酒とか

姫路城だけじゃない姫路に行ってきた

姫路の概要

姫路市は人口50万人を超えて兵庫県の第2の都市です。

兵庫県西部の播但地方の中心地で山陽新幹線も停車します。

何と言っても世界に誇る姫路城のある街です。姫路城は平成5年12月に奈良の法隆寺

とともに日本初の世界文化遺産に指定されました。

 

Wikipediaによると姫路発祥の企業には

グローリー

山陽特殊鋼

長谷工コーポレーションなどに交じって

西松屋チェーンも姫路発祥とのこと。へ~っ。

 

姫路出身の有名人は

松浦亜弥さん

ギャル曽根さん

藤岡琢也さん

ネプチューン名倉潤さんなどがいるようです。

 

姫路を訪れた目的

今回の目的は4つ。

姫路城に行くことはもちろんですが、それ以外に、

かつて姫路を走っていたモノレールに遺構を訪れること

播州の酒蔵を訪れること

姫路おでんを味わうことです。

姫路おでんって食べたことが無かったので楽しみです。

 

姫路城

先ずは姫路城に向かいます。

姫路城は姫路駅を降りて北に一直線。

10分も歩くと姫路城に着きます。

姫路城に向かう道です。

f:id:ITMBASE:20181222122951j:plain

f:id:ITMBASE:20181222123127j:plain

f:id:ITMBASE:20181222123456j:plain

2015年に平成の大修理が完成してまさに 白鷺城の名の通りの白いお城になりまし

た。

 

平成の大修理は5年の歳月と24億円の費用が掛かったようです。

f:id:ITMBASE:20181222130649j:plain

姫山の地に初めて砦が築かれたのが1333年と言われています。

関ヶ原の戦いの戦が終わった後に池田輝政が姫路城主となり、城の大改築をはじめまし

た。1617年に池田光政鳥取城に移り、本多忠正が新たな城主となりました。

その本多忠正が三の丸、西の丸その他を増築し、今の全容が整ったと言われています。

 

姫路モノレール

姫路城の昭和の大修理を記念して1966年に「姫路大博覧会」が手柄山で開かれまし

た。そのアクセスとして姫路モノレールが作られました。

姫路市交通局が運営していましたが、鳥取まで延伸する計画もあったようです。

然し、わずか1.6㎞のこの路線、赤字が続き、8年で廃止となってしまいました。

 

街を歩いているとモノレールの路線跡がまだ残っているところがあります。

f:id:ITMBASE:20181222133032j:plain

山陽電車手柄山駅から徒歩10分で手柄山交流センターに着きます。

ここでは当時走っていたモノレールが展示されています。

小さなかわいらしい電車でした。

f:id:ITMBASE:20181222133410j:plain

当時の駅の雰囲気が再現されています。

f:id:ITMBASE:20181222133723j:plain

f:id:ITMBASE:20181222133439j:plain

運転台です。

日本ロッキード方式のモノレールでした。

f:id:ITMBASE:20181222133522j:plain

座席は48席で1両が140人乗りとなっていました。

f:id:ITMBASE:20181222133609j:plain

 

灘菊酒造

手柄山のすぐ近くに姫路の酒蔵灘菊酒造さんがあります。

見学は自由です。

試飲をさせて頂けますし、気に入ったお酒を購入することもできます。

f:id:ITMBASE:20181222134705j:plain

f:id:ITMBASE:20181222134741j:plain

f:id:ITMBASE:20181222134809j:plain

とってもおいしくいただきましたので、灘菊酒造さんのお酒が飲めるお店に向かいました。

 

姫路おでん

酒饌亭灘菊かっぱ亭です。

灘菊酒造さん直営のお店です。

姫路駅のすぐ近くにあります。

f:id:ITMBASE:20181222140007j:plain

土、日、祝日は11:30から昼休憩なしでお店が開いていますので、昼間から飲めま

す。(笑)

姫路おでんとは、おでんに生姜醤油がかかっているおでんです。

串に刺さっているものが多いです。

f:id:ITMBASE:20181222140219j:plain

ピリ辛が冷酒にピッタリです。

これを頂いていると「姫路まで来たかいがあった」と実感できます。

f:id:ITMBASE:20181222140656j:plain

 

f:id:ITMBASE:20181222140748j:plain

ごちそうさまでした。